HAPPY GIVE

HAPPY GIVEで販売したジュエリーを公開いたします。 気になったジュエリーは、お問い合わせてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダイヤモンドリング ≪ティファニータイプ≫

diamond001


もう直ぐご婚約されるお客様よりエンゲージリングのご注文を頂きました。

ダイヤのリングで、良い物をご希望されていましたので、問屋さんに探してもらいました。
ダイヤモンドには4っつの条件がありまして、Carat、Color、Clarity、Cut、という品質基準で価値が決まります。俗に言う4Cと言うものです。

Caratはダイヤの重量で、1ct=0.2gになります。
Colorはダイヤの色を表すもので、黄色味の度合いをDからZまで段階的に分類されます。
Clarityはダイヤの透明度を表すもので、天然石である以上内包物や傷を持ちますが、良い物程インクルージョンが皆無になります。
Cutはダイヤのプロポーションを決めるもので、良いカット程光り輝きます。



私たち宝石店が在庫して販売する商品は、0.5ct、Eカラー、VVS1、VERYGOODなどが良い処で、それ以上の物はそうそう簡単にお目にかかれません。
今回探してもらったダイヤモンドは、0.546ct、Fカラー、IF、EXCELLENTという良質のルースを手に入れることができました。

お客様にも直ぐにお勧めして、大変喜んで頂きました。花嫁さんも大満足のエンゲージリングになりました。



IFというグレードはインクルージョン(内包物)傷がダイヤ内に確認されず無欠陥のクラリティーである証です。
VVS1、VVS2辺りはよくありますが、0,5ctクラスのIFはそんなに多く存在しません。(最高級店では別ですが)
カットもエクセレントカットで、理想の研磨プロポーションです。上から差し込んだ光が全て上に反射してくるカットで、光輝きが違います。ハート&アローが浮かぶダイヤを見た事がありますか!それがエクセレントカットです。

今回も良いお品をお客様に提供できました。宝石商をしていて嬉しい限りです。
すばらしい結納をされ、末永くダイヤのように永遠の幸せを築いて欲しいと思います。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。